++嗚呼、短足動物園++

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのゆっけ(♂)と飼い主 そして、里親募集中の預かりワンコたちとの ゆるゆるぐだぐだな日々を、オチもヒネリもなく綴るブログです。

カテゴリ:預かりワンコのお話。 > 預かりワンコ(チャロ)のお話。

☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。 以前、1月19日に受賞させていただいた「cool dog site of the day JAPAN」 のサイトに於いて1月度の月間ベストサイトを決める投票開催中です。 ←コチラの画像から、投票フォームへジャンプ ... 続きを読む

☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。


以前、1月19日に受賞させていただいた

「cool dog site of the day JAPAN」 のサイトに於いて


1月度の月間ベストサイトを決める投票開催中です。


++嗚呼、短足動物園++コチラの画像から、投票フォームへジャンプ。


※1メールアドレスから1日1回の投票が有効となります※

※たぶん、携帯からも有効…らしい※


貴重なお時間をいただいてしまうこととなり、恐縮ではございますが

投票期間である今月いっぱい、皆さまの清き一票を

当ブログに投じていただけると嬉しゅうございます。


☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。



更新がまた遅くなってしまいました…。



最近は♂さんのお帰りが妙にお早い。


昨日なんて

午後半休でお昼過ぎに帰って来ちゃって

(あ、病気とかではないですヨー)



んで、私は私で


最近、読書だの携帯ゲームだの

そういったことに時間を費やすことが増えて

(遊んでるんかい!)


なかなかブ活に時間を割くことが出来ませんでした^^;



と、まぁそんな前置きはどうでもいいとして

昨日のお話の続きでございます。


++嗚呼、短足動物園++

(懲りずにまたこの写真)


もう2週間以上も前のことなのですが


ぽかぽか陽気のなか

おなじみの公園に遊びに来た、たんそく一家と預かりワンコたち。



珍しく私が動いた甲斐もあってか


この日はワンコたちの…

特にチャロぼんのいい表情がたくさん撮れたんですよ。


++嗚呼、短足動物園++


あ、ちなみに…


上のえみをデラックス私が写っている写真は

♂さんに撮ってもらったものですが


ワンコたちの写真は、私が撮ったものです…あしからず。(笑)


++嗚呼、短足動物園++


チャロぼん、珍しくニッコニコ。



ただ、暑かったり

息が上がっているだけなのかもしれないけれど


でも、やっぱり


保護されてまもなくの頃の「寂しそうな眼差し」は

最近になってやっと消えてきたような気がするんですよね。



チャロ、我が家に預けられて今日でちょうど2ヶ月が経ちました。



++嗚呼、短足動物園++

マウンティングやマーキングなどの問題行動もだいぶ減り


スイッチが入ってしまうパターンも

ずいぶんと把握出来るようになり…


そして、何よりも

「発狂」しても、すぐに落ち着きを取り戻せるようになって来ました。



もちろん、まだ

唸ったり、発狂したりといった行動は「完全なゼロ」ではないし


時々、食べ物なんかが絡むと特に

スイッチが入ってしまうこともあることにはあるのですが



最近はつい「お口が出てしまう」ような状況になっても


その瞬間、チャロに

「あ、マズい…」みたいな表情が見えるようになったんですよ。



こちらがじっとチャロの目を見つめると

すーっと、それまでがウソのように落ち着いてくれるんです。



おかげさまで

お世話係、最近はまったく噛まれなくなりました。(笑)


(噛まれたのは最初の1週間のあいだにほんの数回だけです~)



ニンゲンとの意思の疎通も

以前に比べるとだいぶ出来るようになってきた…のかな。



もしかしたら


里親さまのおウチに行くだとか、環境が新しく変わると

また、問題行動が「逆行」してしまうこともあるかもしれません。



でも、時間は掛かるかもしれないけれど

チャロ自身がその環境に落ち着いてくれさえすれば、絶対に大丈夫。



たった2ヶ月でも、こんなに変わってくれたんだものね。



最初のうちは


「ウチでお勉強の為にしばらくは長期滞在だろうなぁ…」

と、覚悟したりもしたのですが


こんなに日々、成長を見せてくれるチャロを見ていると


「ご縁」も、そう遠い話ではないんじゃないか

と、いう気がするんです。



チャロから向けられる、この眼差し。


++嗚呼、短足動物園++


彼が心からの「信頼関係」を築くことが出来る相手が


私、ではなく

ほんとうのご家族、であるといいな…と。



急ぐとか焦るとかじゃなくて

そういう意味での「1日でも早い素敵なご縁」を


お世話係としては、望むところです。



根本的に、人に甘えることが大好きなチャロを

ひろ~い心で、力いっぱい愛して下さる里親さまを募集しております。



あっ、もちろん


++嗚呼、短足動物園++

(これは、♂さんの撮影)


パピコさんも…お願い致しますネ。



可愛い預かりっこたちのご縁を繋ぐ為にも…


お世話係は、まずブログの更新をがむばります。



あー、でも読書もしたい…

読み始めると止まらなくなるんですよねぇ。(笑)


++嗚呼、短足動物園++


あっ、ユッケどん…ごめんよ^^;



我が家の預かりワンコ・パピコ&チャロは里親さま募集中。

他にもたくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


パピコさんのプロフィール記事は →  こちら

チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


短期間で環境がガラリと変わって、大変だっただろうに

保護されてから、確実に心の成長を見せてくれているチャロぼんと

忘れちゃいけない預かりっこ1号・パピコさんに

素敵なご縁が繋がりますよう…応援のクリックを


そして、残念ながら今日は出番のなかったユッケどんにも

あたたかい励ましのクリックをお願い申し上げます^^;

このエントリーをはてなブックマークに追加

☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。 以前、1月19日に受賞させていただいた「cool dog site of the day JAPAN」 のサイトに於いて1月度の月間ベストサイトを決める投票が始まりました。 ←コチラの画像から、投票フォームへジャ ... 続きを読む

☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。


以前、1月19日に受賞させていただいた

「cool dog site of the day JAPAN」 のサイトに於いて


1月度の月間ベストサイトを決める投票が始まりました。


++嗚呼、短足動物園++コチラの画像から、投票フォームへジャンプ。


※1メールアドレスから1日1回の投票が有効となります※

※たぶん、携帯からも有効…らしい※


貴重なお時間をいただいてしまうこととなり、恐縮ではございますが

投票期間である今月いっぱい、皆さまの清き一票を

当ブログに投じていただけると嬉しゅうございます。


☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。☆∮。・。・★。・。☆・∮。・★・。



ここ最近

日中はあたたかい陽気に包まれているということもあってか



先日、とうとう…


++嗚呼、短足動物園++


預かりワンコ2号・チャロぼんが笑ってくれたのです^^



私ひとりしかいない時だったので


係留しながら撮ろうとすると



++嗚呼、短足動物園++

(イメージ図です)


すぐにこんな風に

ぴょんぴょん飛び跳ねてしまうから


ちょっと…いや、かなり苦労しましたけどね。



でも、純粋に嬉しかったなぁ。



ただ単に、息が上がっていたり

暑かったりするだけなのかもしれないけれど


++嗚呼、短足動物園++


ワンコの笑顔って、最高だと思う。




そういえば、ユッケがまだパピーで


ウチに来て間もない頃も


「いつ、笑ってくれるんだろう」って

♂さんとふたり、毎日がドキドキだった。



だから


++嗚呼、短足動物園++


初めて「コーギースマイル」を見せてくれた時には

本当にもう飛び上がっちゃうくらいに嬉しくて。



今ではもう…


++嗚呼、短足動物園++


いつでもどこでも

ヘラヘラしちゃってますけどね。(笑)



それでも

ユッケがはじめて笑ってくれた。


その日のその瞬間のこと、今でもしっかりと覚えてるよ。



だから


++嗚呼、短足動物園++


チャロがはじめて笑ってくれた


この日のことも、絶対に忘れない。



これからもっともっと

可愛い笑顔を見せてくれるようになるといいなぁ。



そして何より

パピコさん、チャロのこの笑顔が


ほんとうのご家族のもとへ向けられる日が

やってきてくれることを願っています。


※この記事は予約投稿です※



我が家の預かりワンコ・パピコ&チャロ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


パピコさんのプロフィール記事は →  こちら

チャロぼんのプロフィール記事は →  こちら


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。


          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


これからも、もっともっと

預かりワンコたちの笑顔が増えますように。

初めてチャロが笑ってくれた「笑顔記念日」に

「よかったなー」のクリックをお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて本日、2度目の更新となります。(↓にもミニな記事がありますので、是非^^)昨日の記事でお送りした「田んぼサミット」 を終えて今度は我が家のお庭で遊ぶことにしたたんそく一家+預かりワンコ+甥っ子&姪っ子。 やはり、女の子は女の子同士で気が合うのか姪っ ... 続きを読む

さてさて

本日、2度目の更新となります。


(↓にもミニな記事がありますので、是非^^)



昨日の記事でお送りした


「田んぼサミット」 を終えて

今度は我が家のお庭で遊ぶことにした


たんそく一家+預かりワンコ+甥っ子&姪っ子。


++嗚呼、短足動物園++


やはり、女の子は女の子同士で気が合うのか


++嗚呼、短足動物園++


姪っ子(小1)ちゃんは、甲斐甲斐しくパピコさんのお世話をし


(パピコさんのおシッポ、珍しくINしちゃってますが^^;)



お兄ちゃんである甥っ子(小3)は、男の子チームのお相手を。


++嗚呼、短足動物園++

先日にも書いたように


お正月にも

彼らは義実家(お隣)に泊まりに来ていたのですが


さすがにまだその時は

チャロも我が家に来て間もなくだったこともあって


怖くて、コドモには会わせてあげられなかったんですよね。



ですが、1ヶ月経って

チャロ自身もだいぶ落ち着いてきてくれたので


この度、めでたく「解禁」となったわけなのです。



「チャロは、飼い主さんからいじめられてたのかどうかわからないけど

 急に怖くなって、どうしようもなくなって大騒ぎしてしまうことがあるの。」


「でも、普段は本当にお利口さんでいい子なんだよ。」



まだ小さな子供たちに


私たちがやっていることの意味が

どこまで伝わっているかわからないけれど


私は、彼らに一応ちゃんと説明をします。



「だから、チャロはいまこのおウチでいっぱいお勉強をしているの。」

「怖くないよ、大丈夫だよってみんなで教えてあげようね。」


と。



まだ幼い姪っ子ちゃんは

さすがにちょっと怖かったようなのですが


お兄ちゃんの甥っ子の方は

それでもチャロのことが気になるらしく


++嗚呼、短足動物園++


お庭をぐるりとお散歩したり。



ボールに反応するチャロの様子をみて

一緒に遊んであげたい、と思ってくれたようで…


++嗚呼、短足動物園++


ボール遊びにもチャレンジです。



モノに対して、非常に執着するところがあるチャロ。


もちろん、甥っ子にも

チャロが夢中になっている時には手を出さないようにしっかりと説明。



まず、甥っ子がボールを投げ…


++嗚呼、短足動物園++


げっとしたチャロが


ボールをお気に入りの場所に持って行き

夢中になってガシガシかじって遊び出す。



そこで私が、いろいろとチャロの気を引いて

様子を見ながら、ボールを回収し甥っ子に渡す。


そして、甥っ子がまたボールを投げ…の繰り返し。



何度投げても


++嗚呼、短足動物園++

(チャロ、目が怖いよ…^^;)


この姪っ子とパピコさん(♂さんもいるけど)

が、座っているソファにわざわざ上って来ちゃうので


姪っ子にも、絶対に動かないように指令を出しております^^;



現在、ゆっくりとですが

チャロ「ちょうだい」の練習中ですヨ。



こんな風に、お外でちょっとの間だけ一緒に遊ぶくらいなら

オトナがしっかりと気をつけてさえあげれば、大丈夫です。


チャロもコドモのこと自体は好きみたいだし。



でも、やっぱり

あの突如豹変してしまう様子を見ていると


小さなお子様との生活はかなり厳しいものがあるのではないか、と…。



突拍子も無い動きをするような

幼児などがおられる場合は特に。




どーでもいいけど


このソファに座って

ふわふわのワンコ(パピコさん)を膝に乗っけている姪っ子


義弟に「どこぞのマダムみたいやなぁ」と言われていました。(笑)



…うん、確かに。




お・ま・け。


++嗚呼、短足動物園++


踏まれてるわ、舐められてるわ~で

超・災難だった、パピコねーさん。



ご愁傷さまです^^;



う~ん、まだ載せたい写真が残ってるんだけど…


また、なが~くなっちゃったので

本日はこのへんで。


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました!



++嗚呼、短足動物園++


ユッケは、また明日よろしくね!



☆私信です☆


先日、メールフォームよりご連絡を下さった「meronママ」さま。


お返事を返信しようとしたのですが

アドレスがエラーで、戻って来てしまいました…。


なので、申し訳ございませんが

取り急ぎ、こちらでお礼を申し上げたいと思います。


ありがとうございました。

もう少し、見守ってやっていただけると幸いです^^



我が家の預かりワンコ・パピコ&チャロ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


ふわふわであったかくて気持ちいい~、と

コドモに大人気だったものの

チャロに踏まれた上に、ペロペロ攻撃されてしまったパピコさんと

今日は残念ながらあまり出番がなかったユッケどんに

「ドンマイ!」と励ましのクリックをお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

我が家での4代目となる預かりワンコのチャロぼんがやって来てからはやいもので、もう1ヶ月以上が経過しました。お預かり当初は、やはりいろいろと問題も多くてこりゃ長期戦になるかも…と覚悟もしたのですがこの1ヶ月のあいだでチャロぼん、嬉しいことにだいぶ落ち着いて ... 続きを読む

我が家での4代目となる

預かりワンコのチャロぼんがやって来てから


はやいもので、もう1ヶ月以上が経過しました。



お預かり当初は、やはりいろいろと問題も多くて

こりゃ長期戦になるかも…と覚悟もしたのですが


この1ヶ月のあいだで

チャロぼん、嬉しいことにだいぶ落ち着いて来てくれましたよ。



なので、改めて…


このあたりでいっちょ

チャロぼんのアピール記事をお送りしたいと思います。


++嗚呼、短足動物園++


チャロ(仮)


トイプードル(♂)

推定3歳程度


昨年の12月15日、迷子として届けられましたが


飼い主さんからの連絡はなく、期限が切れた為

「Dog's Smile」 さん に保護されました。



フィラリア(-)

8種混合ワクチン接種済

去勢手術済


体重は4.8kg(痩せています)


トイプードルとしてはかなり体高があり(約40センチ)

手足も長いので、すごく優雅な印象を受けます。


++嗚呼、短足動物園++


吠えは、正直ありますが

無駄吠え、というほどのものでもなく。



当初、クレートに入れると

ひたすら吠え続けたりもしていたのですが


ウチ、田舎の一軒家なので

こちらも気にせずに大々的にムシし続けていると


遅くても30分程度経つと、疲れるようで…静まります。(笑)



今では、おトイレに行きたいときやゴハンが欲しい時

お散歩の順番待ちの時などに激しく吠えるので


「要求吠え」の要素がかなり大きい気がします。


集合住宅にお住まいの方は

ちょっと、ご近所迷惑が気になるかもですね…。



ですが、チャロ自身が満足すると

言われなくても率先してクレートに入って

大人しく待機することが出来るようになって来ました。


先ほどもお話したように

延々吠え続けているわけでもなく


お留守番の時もクレート内で静かに待っていられますヨ。



室内フリーにしている時や

お出掛け、お散歩の時などはほっとんど吠えることはありません。




保護当初はかなり問題行動も多く


マウンティング・マーキング

叱られる気配を察知して逆ギレ(唸る)

ハウスさせると吠え続ける

パニック状態になると、噛もうとしてくるなどなど


本当に、いろいろとやってくれましたが



この1ヶ月の間でだいぶ落ち着き


マウンティングと

叱られても、唸ったりするようなことは


もう、ほぼなくなりました。



今では、叱られると

自分から率先してクレートに「ハウス」したりもします。(笑)


「叱られる」ということの意味を

だいぶ理解してくれているのでしょうね。


学習能力の高さに、お世話係…舌を巻きます。



ふとした瞬間に

「パニック状態(発狂)」になることはまだまだあるのですが


こちらは、しっかりと目を見ながら「オスワリ」と命じると

(オヤツなどを持っていると、より効果的)

ちゃんと、落ち着いてくれるのですよ。



お世話係♂♀共に

当初、慣れないうちは何度か噛まれてしまったのですが



とりあえず


自分が誰かに向かって何かアピールをしている時などに

横から第三者に介入されたりすると


それが誰であろうと、許せない傾向があるようです。



まず、チャロが私にマウンティングをしている時

それを制止しようとした♂さんの手をガブリ。



なので

とりあえずその後


チャロと1対1で向き合って叱っている時などは

もう一方の人間は、空気になることを心がけていたのですが


ゴハンの支度をしている時に飛び跳ねて付きまとってきた

チャロを私が注意しているところ


たまたま、横を通りがかっただけの♂さんが足を噛まれました^^;



そして、最後にもうひとつ…。


ウチのユッケとガウガウバトルが始まってしまったので

私がとりあえず、ユッケを抱えて宥めようとしたところ

それを見て発狂してしまったようで、私の肩をガブリ。



どのケースも

預かって1週間も経たないあいだの出来事です。



ですが、今はだいぶこちらもパターンがわかってきたので


うまく気を逸らしながら

チャロを落ち着かせることが出来るようになって参りました^^



おかげさまで

それ以来、噛まれていません!!



あと

来客時などには嬉しくて興奮してしまうので、要注意です。


外れたマナーバンドを私が付け替えようとしたり

他の子がハウスを命じられたりするのを見て


「邪魔される!」と焦るのか、ギャウギャウ言うこともあります^^;


(まぁ、すぐに落ち着くのですがね)



基本的に「敵意」や「害意」などは見られません。

人のことは、本当に大好きなようですし…。



パニック状態になって

どうしたらいいのか自分でもわからなくなって


それで、ついお口が出てしまうといったような感じで


噛みたくて噛んでいるわけじゃない

っていうのが痛いほど伝わってきます。


だから本当に

いきなり噛まれる、とかそういったことはないんですよ。



パニックになる前に、必ずサインがあります。


そして、そこでしっかりと向き合ってやると

必ず落ち着きを取り戻してくれます。


一生懸命、チャロも考えてくれます。



あ、

もしも、それでもパニックになってしまった場合は


まず、とりあえずそこらへんにあるものに八つ当たりするようで

ウチではよく、座椅子やクッションが被害に遭ってます^^;



そういう場合についこちらが動いてしまったりすると

♂さんのように、運悪くガブリとやられるのかもしれませんね。



どうやら、元々「訓練」は入っていたようで

保護当初より、「オスワリ」と「お手」は出来ていました。


ウチで「フセ」も教えてみたのですが

ほんの一瞬でマスターしてしまうほど、賢い子です。


アイコンタクトもバッチリ。



++嗚呼、短足動物園++


体のどこを触られても怒りません。

シャンプー・ドライヤーなども大人しくさせてくれます。



あ、でも歯磨きは

シートなどを使うと噛み付こうとしますので(指は噛まない)


ハブラシで再チャレンジしてみたところ、それは大丈夫でした。



そして

「モノ」に対しての執着がかなりあるようで…。

++嗚呼、短足動物園++


ボール遊びなどをすると

嬉しそうに取りに走るのですが、持っては来ません。(笑)


それを無理に取り上げようとすると、唸ります^^;

他の犬が近づくと、もれなくバトルになります^^;;;


現在は「ちょうだい」でボールを渡してもらえるように練習中。



そして、逆に他の犬が遊んでいるおもちゃを

ムリヤリ奪いに行くようなことはしないのですが


やはり、チャロの意識が「何か」に向かっている時

それが「人」であっても「犬」であっても、ニアミスをするような場合は


細心の注意を払う必要があると思われます。



おトイレはまだまだ練習中。


クレートの中では基本的にいつも我慢しているようで


行きたくなったら、吠えてお知らせしてくれるので

その際、お庭に出してあげております。


お散歩が朝夕の2回・お庭での排泄がさらに2回程度かな。



部屋の中のトイレシートに連れて行くと

どうしても足を上げてしてしまうので、こちらも練習中。


お外では座ってのおちっこも、だいぶ出来るようになってきました。


++嗚呼、短足動物園++

基本的に、他の犬に対して攻撃性などはなく

共存も、可能といえばもちろん可能なのですが


++嗚呼、短足動物園++


女子ワンコには、少々しつこくつきまとったり


自分に「指導」をしてくるような男子ワンコとは

ガウガウと激しいバトルをしてしまうことがあります。



攻撃性は無いといっても

歯が当たって怪我をして(させて)しまう危険性だってゼロではないわけで


なので、多頭飼いについては

かなり慎重に考えていただく必要があると思われます。




先日は

ウチの甥っ子(小3)と初めてのご対面を果たしました。


お正月に彼らが来たときは

さすがにちょっと怖くて、まだ会わせてあげられなかったんですけどね。


++嗚呼、短足動物園++

(お庭で甥っ子とボール遊び中)


子供とのボール遊びも、先ほどに述べたように


チャロが夢中になっている時に手を出しさえしなければ

そして、大人がしっかりと監視をしてあげていさえすれば


少しの時間、遊ぶ程度ならば大丈夫です^^



チャロ自身も、子供のことは好きなようですが


やはり、小さなお子様の居られるご家庭などでの生活は

かなり、厳しいものがあるのではないか…というのが正直なところかなぁ。




人間のことが、本当は大好き。

なでてもらうことが、物凄く幸せ。


必死ですがりつくように甘える姿と

パニックになっている時とのギャップが、なんだか切なくなる。



彼の過去については、わかりませんが

大好きだった飼い主に、酷く叱られ…


挙句、棄てられたのかも。


(保護当初、毛玉だらけのボロボロレゲエ状態でした^^;)



お世話係が大きいものや長いものなどを持つと

突如として唸り始めるようなことも、たまにあります。


あくまでも推測でしかないけれど

そういったもので、何らかの記憶がフラッシュバックしたのかも。



ですが、本当にこの1ヶ月で

たくさんのことを吸収し、学習し


チャロは、どんどんお利口さんになってくれています。


++嗚呼、短足動物園++


まだまだ、お勉強の日々は続くと思われますが


そんなチャロとガッツリ向き合って下さる

本当のご家族を、募集しております。


辛い過去はさっぱり忘れて、幸せになろうね。




我が家の預かりワンコ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


預かりワンコのパピコさん&チャロぼんが

素敵な里親さまに見つけていただけるように

ランキングアップを頑張りたいと思いますので

どうか皆さま、応援のほど宜しくお願い致します。


本日はこの後にもまた通常記事を更新したいなぁ、と考え中です。

よろしければまた覗きにいらして下さいね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前のお話になるのですが…たんそく飼い主3ワンズを連れて、いつもの深北公園へと行って参りました。「無料のドッグラン」があるこの公園。たんそく一家御用達で預かりワンコのパピコさんが特に大好きな場所なのですがチャロぼんを新たにお預かりしてからはずいぶん ... 続きを読む

ちょっと前のお話になるのですが…


++嗚呼、短足動物園++


たんそく飼い主

3ワンズを連れて、いつもの深北公園へと行って参りました。



「無料のドッグラン」があるこの公園。


たんそく一家御用達で

預かりワンコのパピコさんが特に大好きな場所なのですが


チャロぼんを新たにお預かりしてからは

ずいぶんとご無沙汰をしていたんですよねぇ。



ホラ、彼の場合

マーキングやマウンティングが激しいわけだし


何がきっかけで、他の方やワンコさんたちに

ご迷惑をお掛けしてしまうことになるかわからないから…。



だけど

チャロぼんもだいぶ落ち着いた生活を送ることが出来るようになってきたし



何より


この日も車内でワンコたちだけを

短時間ではあったものの、お留守番させていたので


実際には見てはいないけれど…


その間、きっとチャロぼんに顔を舐め回されてしまったであろう

パピコさんに対しての、罪滅ぼしという名の接待も兼ねて、ね^^;



休日だったので

この日もランは大盛況。


++嗚呼、短足動物園++


大きなお友達を従えて

イキイキと闊歩するパピコさんに



++嗚呼、短足動物園++


相変わらず、イベリコ活動に励むユッケどん。

(但し、トリュフを見つけたことは未だかつてない)



いつもどおりの光景でございますな。



…この子を除いては、ね^^;


++嗚呼、短足動物園++


いきなりノーリードにする勇気はなかったので


もしも、ダメそうならばすぐに撤収するつもりで


とりあえずチャロぼんにはしばらくリードを着けたまんま

場内を歩いてもらっていました。



すると

早速、ブルドッグさんがご挨拶に来てくれましたよ。


++嗚呼、短足動物園++


なんとなく、弱腰に見えるチャロぼん。



よーく見ると


++嗚呼、短足動物園++

(なにげに見切れるユッケどん)


チャロぼんのエビフライ

見事にダウンしちゃってました^^;



あ、あれ…?(笑)



こんな調子で、リードを着けたまんまで

♂さんが、何周も何周も回ってくれたのですが



ずっと、こんな感じだったので


♂さんとの協議の結果

「これならば、リードを外しても大丈夫だろう」と判断。



いよいよ、本格的にドッグランデビューとなったチャロぼん。


彼の運命や、いかに?!


++嗚呼、短足動物園++


相すみません。

長くなってしまったものですから…^^;




お・ま・け。


++嗚呼、短足動物園++


セッターさんの、ツヤツヤシルキーなお毛毛が

かなり羨ましいらしい、ごわごわボサボサユッケどん。


飼い主よりも遥かに高いシャンプー使ってるのにねっ。


我が家の預かりワンコ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


ツヤツヤでシルキー、かつ豊富なお毛毛が羨ましい

ごわごわユッケどんと、ボサボサ飼い主♀、寒々しい飼い主♂…

いろいろと残念極まりない、たんそく一家のお毛毛事情に

「高級トリートメント&高級育毛剤」がわりのクリックをお願い致します。


…2日連続で髪の毛ネタとか、♂さんに知られたら殺されるだろーな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

公園でのお話、まだまだ続きま~す。こちら、ボールと格闘している預かりワンコのチャロぼん。おもちゃは好きなようですが何故か重低音で唸りながら遊んでいる、という不思議。彼の遊び方、よくわかりません。(笑)こういうチャロみたいなタイプの子ってだいたいがそうだと ... 続きを読む

公園でのお話、まだまだ続きま~す。


++嗚呼、短足動物園++


こちら、ボールと格闘している預かりワンコのチャロぼん。



おもちゃは好きなようですが


++嗚呼、短足動物園++


何故か

重低音で唸りながら遊んでいる、という不思議。


彼の遊び方、よくわかりません。(笑)



こういうチャロみたいなタイプの子って

だいたいがそうだと思うのですが


やはり、彼の場合も「モノに対する執着」ってのがあって


こうやって遊んでいる時なんかに

迂闊に取り上げようとなんかすると


はい…セオリー通りに唸ります。



その点は、お預かり当初から

保護主さんよりレクチャーを受けていたので


こちらもわざわざわかってて

手を出したりすることはないのですが…



この日

ボールで遊んでいるチャロのすぐ近くを


たまたまユッケが通りかかり


++嗚呼、短足動物園++


ボールを取られそうになったわけでもないのに

勝手に激高してしまったチャロぼん。



…バトル、開始でございます^^;



(元々はユッケのボールなんだけどねぇ)



かなり余談ですが


この時、私のアタマの中では


サラ・ブライトマンの「question of honor」が

イントロから流れます。(笑)


(TV朝日のサッカー日本代表戦で流れる曲ね)



なんて、のんきなこと言っちゃってますが

普段、とっても可愛いチャロぼん


++嗚呼、短足動物園++


いったん、スイッチが入ると…


その可愛いお顔が、見事にこうなる。(苦笑)



++嗚呼、短足動物園++


「狂犬スイッチ」が入った時には

この顔で向かってくるんだもん。


ね、正直…かなり怖いでしょ?(笑)




でもね

以前にもお話したように


本気で意思を持って

「相手を噛みに行く」ってわけではないのですよ。



彼なりの威嚇、というか虚勢を張ってるだけ。



ただ、そういう時に近くに居ると

うっかり噛まれちゃう可能性、高し。


(室内だとだいたいそれがクッションや座椅子になります)


なので


ユッケどんも、上手によけながら

お互いに怪我をしない程度での応戦をする。




ですが…

そのうち、飼い主(お世話係)の


「やめぇーーーい!!!」というカミナリが落ちるので


++嗚呼、短足動物園++

(レフェリーパピコも登場)


そこで一瞬怯んだ♂ワンコたち


コマンドにより強制的にオスワリさせられ

そのままオヤツで釣られて


「あれ?なにやってたんだっけ?」となった状態で


バトル終了~、となるわけなのです^^;




最初、こんな顔でバトルしている姿を見た時は

「どうしよう…オロオロ」とか、思ったものですが



最近になってチャロも


「怒られる」じゃなくて「叱られる」ということの意味を

少しずつですが、ちゃんと判ってきてくれたっぽいので


なんとか、飼い主(お世話係)も

こんな風に対処することが出来るようになって参りました。(笑)



「バトル」の要因は

チャロにあったり、ユッケにもあったり


ホントにもう、その時それぞれ…。



でも、これも彼らなりの「お勉強の機会」なんだろうなぁ…


なんて思うことも

見ていると、多々あるわけなのです。



絶対に「共存」が無理だとか

決して、そういう話でもないんですよ。



ただ、こちらも以前にお話したことがあったように


里親希望者さまの先住犬が

若い男の子だったりする場合には


苦労される点、注意しなくてはいけない点も

それなりに出てくるかもしれませんね…。



そして、話は戻りまして


こちらはその数分後の出来事。



++嗚呼、短足動物園++


チャロの足元に、自分のボールが転がっているのを

遠くから発見したユッケどん。



++嗚呼、短足動物園++


今がチャ~~ンス!



++嗚呼、短足動物園++


チャロー、うしろうしろ~!

(志村~うしろ~~!的なイメージで)


++嗚呼、短足動物園++


結局、チャロはうしろの気配に気付くことなく

ユッケどん、見事にボールの奪還に成功。(笑)



++嗚呼、短足動物園++


残念だったね、チャロぼん。


でも、いつか

みんなで仲良くボール遊び出来るようになるといいね。



明日は


今日みたいな激しいところではなく

また彼らの違った姿をお送りしたいと思います^^


(だから、皆さま心配なさらないでね!)



※この記事は予約投稿です※



我が家の預かりワンコ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


「絶対に負けられない闘い」に挑む、短足ちゃんと足長ちゃん。

チャロぼんの抱える「心の棘」が、まぁるくまぁるくなりますように

そして「自称・教育係」として頑張ってくれているユッケどんにも

「どちらも、頑張れ!」の応援クリックをお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、♂さんがお仕事に行ってしまいました。この週末はお天気もあまりよろしくないらしいのでたんそく一家+預かりワンコたちはおウチでのんびり過ごしていようと思いますです。さてさて一方、こちらはまた今更な先週のお話。お天気に恵まれたのでみんなで近くの公園へと ... 続きを読む

今日は、♂さんがお仕事に行ってしまいました。


この週末は

お天気もあまりよろしくないらしいので


たんそく一家+預かりワンコたちは

おウチでのんびり過ごしていようと思いますです。



さてさて

一方、こちらはまた今更な先週のお話。



お天気に恵まれたので

みんなで近くの公園へと遊びに行って参りましたよ。


++嗚呼、短足動物園++


誰もいない芝生広場で

嬉しそうなユン様…いや、ユッケどん。(笑)



もちろん


++嗚呼、短足動物園++


預かりワンコのパピコさんと



++嗚呼、短足動物園++


同じく、預かりワンコのチャロぼんも一緒でーす。




++嗚呼、短足動物園++


いつものように

♂さんと一緒に、広場をばびゅ~んと駆け回るユッケどんと



笑顔満開なパピコさん。


++嗚呼、短足動物園++


遠くから私が「パピちゃ~ん!!」と呼ぶと

こんな笑顔で走り寄って来てくれるんですよ。



++嗚呼、短足動物園++


パピコさん、可愛い^^

本当に若くなったなぁ…と、お世話係は感無量です。




あ、もう一方の預かりワンコ

チャロぼんだって負けてはいません。


++嗚呼、短足動物園++

(惜しい、ちょっと足が切れちゃった^^;)



さすがプードル…

お外に出ると見事な跳躍力を見せてくれます。



ウチのたんそくんと違って

飛行っぷりもダイナミックだぜ!



でもね。


++嗚呼、短足動物園++


いつも、その表情はどことなく寂しそうで。



考えても仕方のないことなんだけれど


この子は今までどういう暮らしをしていたのだろうか…と

胸が痛くなってしまうことがあります。



++嗚呼、短足動物園++


スキあらば

私の足の間に体を潜り込ませて


全身ですり寄って甘えてくるチャロぼん。


(ちなみにその隣にはパピコさんもいる)



ですが、時々


お世話係が長いもの・大きいもの

(気付いたところでは、50センチ定規や洗濯物)


を、持っていると

急に歯を剥いて怒り出すことがあるのです。



こういったモノを使って

もしかしたら、元の飼い主から酷い叱られ方をしたりしてたのかな。



…あくまでも、推測でしかないのですけどね。



人に甘えたい気持ちと、恐怖とかぐちゃぐちゃになって

時々、我を忘れるほどに発狂してしまう。



この子との「仮暮らし」が

どれだけの期間続くかわからないけれど


いつか、心からの笑顔を見せて欲しいな…そう願います。



たんそく一家のもとで

いい意味で「アホ」になって下さい。


一緒に、楽しくお勉強しよ。



あ、おかげさまで

マウンティングはだいぶ減ってきましたよ~^^




お・ま・け。



++嗚呼、短足動物園++


セクハラ現場^^;



チャロぼん…

パピコさん、相当嫌がってるんだからさ


お顔をペロペロ攻撃しまくるの

いい加減にやめてあげてくれない?(苦笑)



見るに見かねた♂さんが

パピコさんをお膝の上に救出したのですが


++嗚呼、短足動物園++


チャロぼんも、なかなか諦めないオトコなのだ。


しかし、凄いジャンプ力やで。



その

ネバーギブアップ精神っていうか、ガッツっていうか…


何かと無気力なワタクシ

見習うべき点も多々あるような気がする…かも。(笑)



あの時いろいろ諦めてなければ

今、私の苗字もまた違っていたかもしれない…


って、なんの話をしとるんだ、私は^^;




話を元に戻しましょう。

今の独り言は忘れて下さい。(笑)



ちなみに、小型犬が大好きなはずのパピコさんですが…


チャロのことは「お好み」ではないらしく


一緒に遊んだりすることもなく

完全にその存在をスルーしております^^;



++嗚呼、短足動物園++


三者三様過ぎる、ワンコたち…。



我が家の預かりワンコ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


見事なまでのネバーギブアップ精神を見せてくれた

ガッツあふれるオカマ、預かりワンコのチャロぼんが

いつか、心からの笑顔を見せてくれるように

どうか皆さまからも援護射撃のクリックをお願い申し上げまする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

写真がまだ残っているのでチャロぼん公園デビューのお話の続きです。ちなみにこれは昨年のクリスマスの朝。(笑)クンカ活動に勤しむ預かりワンコチーム。一方のユッケどんはいつものように飼い主♂さんと遊んでいたのですがその時、悲劇が…なんと…のんびりと座って「ちっ ... 続きを読む

写真がまだ残っているので

チャロぼん公園デビューのお話の続きです。


ちなみにこれは昨年のクリスマスの朝。(笑)



クンカ活動に勤しむ預かりワンコチーム。


++嗚呼、短足動物園++


一方のユッケどんは

いつものように飼い主♂さんと遊んでいたのですが



その時、悲劇が…


++嗚呼、短足動物園++


なんと…のんびりと座って「ちっこ」している間に

チャロぼんからマーキングを食らってしまったのですよ^^;



はい。

マーキング大王なチャロぼん。


スキあらば

そこらへんにあるもの全てにマーキングしようと試みる…。



なので一応、荷物は地べたに置かず

自分で持つかベンチの上に置いておいたんだけど



まさか、ユッケに引っ掛けられるとはねぇ^^;



ちなみにその数日後

私が一人で3ワンコを散歩させている際


ユッケの「う~ん」を拾っている間に

コートの裾にマーキングを食らったこともあるのだ…。(苦笑)




あとは、コレ。


++嗚呼、短足動物園++


ザ・ヘコヘコマシーン。



ちなみにこれ

♂さんや、他のワンコたちにはしません…


悔しいことに私にだけ^^;



人間女子のニオイに異様に執着するところがあるよーな…


++嗚呼、短足動物園++


とりあえず、私の「秘密の花園」に

顔を埋めようと必死になるのはやめておくれ、エロチャロ。




去勢手術が済んでから2週間あまり。



だいぶ、当初から比べると

マーキング・マウンティングの回数も減っては来ているように思えますが



これも、気長なトレーニングが必要かなぁ…。



一応、マウンティングを仕掛けられた時には

足で払いのけて、私が別室に消えるという方法で対処を続け


これからも様子を見ていきたいと思います。



とりあえず

ウチのユッケが、どちらもやらない子なので


チャロぼんの「♂の本能」に

いろいろびっくりな仮家族であった…^^;


(まだまだ勉強ですな)




※言葉が足りませんでしたので、追記※


チャロのマウンティングについて

「人に対しての優位を示す行動では?」といご指摘をいただきました。


もちろん、そういう権勢行動の意味については私も存じております^^



ただ、チャロの場合は…


「権勢」というよりも「精神安定」の手段としてやっているような

そんな雰囲気を感じるのですよね。



彼が今までどういう暮らしをしていたのかわかりませんが

マウンティングをすることで、自分自身を落ち着かせているような…


私に対して強く執着している部分もあって

そういう気持ちをマウンティングで表しているような節も見られました。


もちろん、彼に直接聞いた訳でもないし

我が家に預けられてまだ日も浅いですので

「上下関係」の部分についても、全くないとは言い切れません。



「一度、ビシっと叱って」というご意見もいただきましたが

これについても、ワンコさんによって臨機応変なのではないかと^^



チャロ、保護当初は

叱られることに対して異常に反応するところがありました。


もしかしたら

元の飼い主から酷い叱られ方をしていたのかもしれません。


それが結果的に「唸る」「噛む」という問題行動をも生み出してしまった。



お預かり当時から

「叱られる気配を感じると、唸り出す⇒噛むかも」

ということを聞いており、実際にそうだったわけで。



なので、まずは「噛ませない環境づくりから」を念頭に


保護主さんにも相談をしながら

「無視」をすることが、彼にとっては今のところ一番効果的なのではないか

と、いうことでずっとそれを実践して来たのですよ。



彼の場合は

「知らない環境で、知らない人間にいきなり叱り飛ばされる」ということが

きっと何よりもの「恐怖」で「逆効果」だったのでは、と判断したわけです。


短期間の間で怒涛のように環境の変化もあったわけですしね。



もちろん「叱る」ことは大事ですが


叱り方によっては

ますます最悪の状況を招いてしまいかねないですし


噛まれるのが怖いとか、そういうことではなく


何らかのトラウマを抱えているであろう保護犬に対し

そこは皆が何よりも慎重に進めてきた部分でもあります。



なので

ウチではまず第一に「信頼関係」を築くことを目的に掲げ


「唸ったり、噛んだりすれば人間は言うことを聞いてくれる」ではなく

「唸ったり、噛んだりしなくても大丈夫なんだ」ということ


それをまずチャロには知って欲しい、とやってきました。



もちろん、叱るべきところではきちんと叱りながらね。

ウチ、結構厳しいんで。(笑)



でもね、おかげさまでこの2週間で

叱られても、唸ったりすることはほとんどなくなってきたんですよ^^



「なんらかのトラウマ」を抱えているであろうチャロ。

ですが、彼はこちらが舌を巻くほど、非常に賢いです…。



だからまず「信頼関係」をきちんと築けたら

落ち着いた環境で安心することさえ出来れば


頭ごなしに叱りつけなくても

きっと彼はわかってくれるんじゃないかな、と思うのですよ。



そして「上下関係」については

ウチのユッケと、先輩預かりワンコパピコさんに協力してもらいながら

チャロにもしっかりと学んでいってもらいたいと考えております。



だから、何もかもが「これから」って感じかな。


私たち仮の家族とチャロとの生活はまだ始まったばかり。


もちろん「しつけ」に対して、ウチはど素人ですし

「何が正解」であるのかは、正直わかりません。


まだまだ、日々がお勉強です。



ですが、責任は非常に重大なわけで。


いっぱい愛して、肝心なところでビシっと叱って


人間というイキモノを心から信頼してもらえるようにするのが

私の第一の役目だと、思っております。


そうすれば、いつかきっと

チャロも本当のご家族にすんなり溶け込むことができると思うから。



多少噛まれたって

それが解決の糸口になるなら、私は平気です。痛いけどさ。



私たちも勉強中。

チャロも「愛情」と「信頼」と「我慢」を勉強中。



助言をいただけることは

もちろん、非常に有難いですので


この未熟な仮家族と、預かりワンコたちのことを

これからもあたたかく見守ってやっていただけると幸いです。


皆さま、貴重なアドバイスをありがとうございました。



※以上、長~い追記、終わり!(笑)


++嗚呼、短足動物園++


とりあえず、この日は本当に寒かった…。



そんな中でも

あちこち駆け回る男子チーム。


++嗚呼、短足動物園++


一応、チャロぼんも

ユッケと一緒にボールを追いかけるんですよ。



…が

ユッケどんに怒られちゃうので、ちょっと遠慮気味^^;


++嗚呼、短足動物園++



なので

チャロぼんのお相手は、役不足ながら私が。



++嗚呼、短足動物園++


ユッケが♂さんと激しいディスク遊びに興じるなか


チャロには、私の超・弱肩で投げた

へなちょこボールで我慢をしてもらいましょう。


(ソフトボール投げ、10mも行かないんだぜ!)



投げたらきちんとボールを持って来てくれるチャロぼん。


だけど、前もって保護主さんよりお聞きしていたように

そのボールをこちらが取ろうとすると、唸ります。



だけど、しばらく放置していると

いつの間にか私の足元にボールが転がっているんですよねぇ。



で、それを拾ってまた投げてあげる…という感じ。


++嗚呼、短足動物園++

へなちょこボールだけど

それなりにご満悦な、チャロぼん。


長いおみ足で駆ける姿は、まるでバンビのよう。



無邪気に遊ぶ姿は、本当に可愛いです。



同じ預かりワンコのパピコさんとは、まったく問題なく。


++嗚呼、短足動物園++


チャロは少しお好みのタイプより大き過ぎるのか…

パピコさん的にはあまり興味なさそうだけどね。(笑)




ただ…


今まで保護犬ちゃんたちには

「付かず離れず」の姿勢を保っていた


我が家のユッケどんが

チャロに対しては珍しく、教育的指導を見せたりもしています。



チャロも基本的にはユッケに歯向かったりしないのですが

時折、「乱闘騒ぎ」に発展してしまうことも…^^;


(で、それを仲裁しようとした私が噛まれたわけで) ⇒ その時の話


もちろん、お互いに

「怪我」をさせるような攻撃を仕掛けることはなく


こうやってお散歩やお出掛けだって

一緒に出来るわけですが



里親希望者さまのお宅の先住犬が男の子の場合などは

ちょっといろいろと大変な部分もあるかもしれません。



いろいろと

時間をかけてお勉強しなくちゃいけないことも多いけれど


++嗚呼、短足動物園++


チャロぼんは、本当に人間のことが大好き。



++嗚呼、短足動物園++


本当は、甘えたくて仕方がないのよね。



新年が明けてからは

一応、私も♂さんもまだ噛まれてはいません。


おかげさまで

いろいろと対処の仕方も上手になってきたかも。(笑)



落ち着いて、安心できる環境さえ作ってあげれば


自然と、唸ったり噛んだりするような問題行動は

これからも減ってくるような、そんな気がしています。


マーキングや、マウンティングも然り。



きちんと「コマンド」を聞くことが出来る、お利口さんのチャロ。



彼の全てを受け止めて、向き合って下さる

本当のご家族との、ぶっといご縁が…見つかるといいなぁ。




預かりワンコパピコ・チャロ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


新入りから、名刺代わりのまさかのマーキングを食らってしまった

自称・教育係のユッケどんに「頑張れよ!」の励ましクリックを

そして、預かりワンコのパピコ&チャロにとびきり素敵なご縁が繋がるよう

こちらにも、是非応援のクリックをお願い申し上げます!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日も、更新が遅れた上に「年またぎ」な記事をお送り致しま~す。あ、でも今日の記事にはちゃんとこの子も出て来ますよ。(笑)と、いうわけでこちらはクリスマス(25日)の朝のお話。23日夜に新しい預かりワンコ・チャロぼんがやって来たこともあって「新犬歓迎会」も ... 続きを読む

今日も、更新が遅れた上に

「年またぎ」な記事をお送り致しま~す。



あ、でも今日の記事には

ちゃんとこの子も出て来ますよ。(笑)


++嗚呼、短足動物園++


と、いうわけで

こちらはクリスマス(25日)の朝のお話。



23日夜に

新しい預かりワンコ・チャロぼんがやって来たこともあって


「新犬歓迎会」も兼ねて


「クリスマス寒波」な中

大きな公園へと遊びに行って参りました、たんそく一家。


++嗚呼、短足動物園++



そ、そうだね。


クリスマス寒波のおかげであまりに寒過ぎて

公園には人っ子ひとり・犬っこいっぴきいやしねえ。(笑)



でもさ


++嗚呼、短足動物園++


せっかく、新しいロングリードも作ってきたことだし

ちょっとだけでも遊んで帰りましょ。



この寒さもあって

ユッケとパピコさんには一応、お洋服を着せて来たんだけど


チャロぼんのお洋服ってのが当然ながらまだ無くて


++嗚呼、短足動物園++


取り急ぎ

パピコさん用に、とご支援でいただいた手編みセーターを着せてみた。


けれど、やっぱり短かった…。(笑)


そ、それでも着てないよりはあったかいよね…チャロぼん。



以前にもちょっとお話したけれど

チャロぼんの体高…40センチくらいあります。


マズルだって、ちょいと長めだしねぇ。

(そりゃ、胴だって長いわな)


なので「トイプー」としては、なかなかの大きめな印象。

(体重は4.8kg)



そういうこともあって

いつもこういう立ち姿を見ていると


「まるでスタンダードプードルみたいな気品」だなぁ、って思う。



ちなみに、胸の部分に少々のミスカラー(白)あり。

でも、それがチャームポイントに感じられたりもします^^



そんな、チャロぼんの魅力や

…あと困った部分も諸々


全てを受け入れて下さる里親さまが見つかるといいなぁ。




++嗚呼、短足動物園++


この日、初めての

「3頭ロングリード」を実践することになった、たんそく一家。



ただ、やはり…


++嗚呼、短足動物園++


これがなかなか大変であった^^;



ちなみに、チャロぼんに絡みまくってるのは

パピコさんのロングリード。



パピコさん、どんな動きしとるねん。(笑)


++嗚呼、短足動物園++



そうね。

基本的にいつも私の足元でじーっとしてるだけなのに。


…謎だ。




預かりワンコパピコ・チャロ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


あんよの長さとか、気品なんかはぜ~んぜん違うけれど

「胴が長い」という共通点のある新入り預かりワンコ・チャロぼんに

いつか、素敵なご縁が繋がりますように

そして、たんそく一家の3頭ロングリードさばきが少しでも上達するように

どうか、皆さまからもあたたかい応援のクリックをお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

さてさて4代目・預かりワンコのチャロはんが我が家にやって来てから、はや7日目。もともとから「問題児」だというお話は聞いておりそれをわかってて、ウチに来てもらったわけですが…いや、ホント「通常時」は可愛いし、お利口だし、いい子なんですよ。…ただ、やはり彼は ... 続きを読む

さてさて


4代目・預かりワンコのチャロはんが

我が家にやって来てから、はや7日目。



もともとから「問題児」だというお話は聞いており

それをわかってて、ウチに来てもらったわけですが…


++嗚呼、短足動物園++


いや、ホント

「通常時」は可愛いし、お利口だし、いい子なんですよ。



…ただ、やはり彼は

「前評判」どおりでございました。(笑)


飼い主♂・♀共に数回、がぶーっとやられておりますです^^;



「保護犬が噛んだ」ということを

預かりブログ内で公表してしまうことに


デメリットもあるとは思うのですが



保護主である

「Dog's Smile」の*chico*さんとも相談させていただいた上で


今後、チャロにも現れて下さるであろう

「里親希望者」さまに向けての「指針」ともなるよう


拙いブログではありますが

慎重に、かつ冷静に情報を発信していきたいと考えております。



「大変ねー」と言われたいわけではないです。

私が勝手に希望して、好きでやってることですから。



いろいろな問題を抱えたチャロに、じっくりと向き合ってみて


「こういうケースは大丈夫なんだ」とか

「逆にこのパターンはダメなのね」とか


このブログを読んで下さる皆さま、里親希望者さまと共に

考えていける、そういう場にしていきたいと…。



まず

チャロは「叱られる」という気配にものすごく敏感です。


叱られそうな気配を察知したら、とりあえず先に唸り始める。

いわば、逆ギレのような。



しかし、前もって保護主さまより

「そういう場合には、”座れ”と命じることで落ち着かせることが出来る」


と、レクチャーを受けていたおかげで

その状況下ではまだ噛まれるに至っておりません。


唸って威嚇している状態でそのまま叱り飛ばそうとすると

彼は発狂して、噛んでしまうのかもしれない。



「発狂」した際には、まずそこらへんにあるもの


例えば、クッションや座椅子、リードなど
そこに当たり散らす(噛み付いて振り回す)という行為が見られました。



でも、この数日の間で


「1対1」で向き合っている時には

多少叱っても、唸るよなことは少なくなってきたように思います。



チャロはちゃんと話を聞いてくれる。

冷静になろう、と頑張ってくれている。



では、何故私たちは噛まれてしまったのか。


この数日間、見てきたところ

彼の場合、特に「第三者」の介入を嫌うようです。



例えば

私がチャロに向かって注意をしている時なんかに


横から♂さんに口を出されると…唸る ⇒ 発狂 ⇒ 噛む



一番最初のケースでは

チャロが私にマウンティングを仕掛けている時に

制止しようとした♂さんの手指を、噛みました^^;


でも、これは…わかっていたことなのに

つい反射的に手を差し出してしまった♂さんのミスなのですよね。



そして、次。


上記のケースを教訓に、どちらか一方がチャロに注意をしている際

片方の人間は「空気」になるように心がけていたのですが


私がワンコたちのゴハンを用意しているあいだ中

ずっと飛び跳ねて付きまとってきたチャロに注意をしたところに

たまたま、通りがかっただけの♂さんの足をがぶし!!



ただ、そこには明らかな

「敵意や害意」みたいなものは見られなかった。


「たまたま、そこに足があったから」って感じだったんでしょうね^^;


いわばもう「もらい事故」に遭ってしまったような♂さんに

私はもう「ドンマイ」としか言い様がありませんでした。


「注意を受けている時に、近くを通りがかるだけでもダメなのか」と…



それ以降

なるべく、そういう場合には近くを歩かないように。


それが無理な場合には


チャロがその第三者に向かって唸り始めた瞬間

向き合っている方の人間が、リードを引くなどして注意を逸らし

「お座り」などを命じて、落ち着かせることで対処しています。


(「1対1」だと本当にちゃんと言うことを聞いてくれるんです)




で、またまた次。


ユッケVSチャロのガウガウバトル中。


もうチャロが明らかに逃げ腰になっているところに

ユッケがわざわざ追いかけてまでお説教を続けていたので


ユッケを宥めようと抱っこをしてチャロに背中を向け

その場を離れようとしたところ、しゃがんでいた私の肩口をがぶし…。


ドンマイ、アタシ…としかこれまた言い様がなく^^;



保護主*chico*さんにいろいろと相談してみたところ


もしかしたら、チャロは

「後から新しい子を迎えたことで遺棄された」のではないか

という話になりました。



もちろん、これは推測でしかないのだけれど

だから、執着している誰かから蔑ろにされることを何より恐れるのかも。



私がユッケだけを庇ったつもりではなくとも

チャロには、実際にそう見えてしまった。

だから、つい発狂してしまった…。


で、そこにちょうど私の肩があった、と。




でもね、先にも述べたように
とりあえず、人と「1対1」で向き合っている際には
本当にちゃんと言うことも聞いてくれるし、いい子なのです。



そういう場合に唸ることは減ってきました。
多少厳しく叱っても、ちゃんとそれは聞いて受け入れてくれますし

「ハウス」でクレートに入ることだって、出来る。


しばらくは吠え散らかしてるけど
早くて10分、遅くて30分程度で静かになります。


++嗚呼、短足動物園++

(チャロ・我慢の時間)


きっとこれは

「吠えていれば、その煩さに根負けした元飼い主が要求に応じてくれた」

ことから、身についてしまった悪癖みたいなものなのでしょう。


とりあえず、ウチでは「我慢」を覚えてもらいます。


「吠えても無駄」なんだ、って

賢いチャロならいつかわかってくれそうだから。




あと、お食事中に周辺をうろうろしてみても別に怒らない。


お皿の近くに手を持っていっても、噛んだりはしない。


体のどこを触っても、怒らない。



本当に、何度も言うけどいい子。



ただ、もう…興奮するとパニックになって

自分ではどうしても制御できないみたい。


「害意や敵意」はないのです。

興奮すると、ついお口が出てしまうという感じで。



そこにあるものなら

クッションでも、座椅子でも、なんでもいい。


「発狂」してしまっている間に

たまたま近くを通りがかった人間が噛まれた、という不幸。


でも、ただちゃんとそこに「サイン」はあったのです。



根気は要るかもしれないけれど

それをひとつひとつ、一緒に探っていこう。


だから

しばらくは室内リードでも我慢してね。


++嗚呼、短足動物園++

「本当は、噛みたくなんかないのにな」

寂しそうな瞳は、そう語っているようにも見えます。


本当は「狂犬」なんかじゃないのよね。



ユッケとは…まぁ、相変わらずですが


++嗚呼、短足動物園++


チャロ

ユッケに「教育的指導」を受けている時は


++嗚呼、短足動物園++


それなりに吠え返すこともあるのですが

基本的に、ユッケの方をまともに見ることは出来ません。(笑)



だからこれは、対ワンコの場合も同じ。


「意思を持って、相手を噛みに行く」

なんてこと、チャロは本来ならできないはずなのですよ。


++嗚呼、短足動物園++

(パピコさん、登場)


ユッケに注意されたら、引き下がることが多いのだけれど

自分の後ろに誰か、人間がいる場合などは気が大きくなるらしい。(笑)


++嗚呼、短足動物園++


でも、とりあえず

パピコさんとはまったく問題がないチャロ。


だから、あれこれと厳しいことを言ってくるワンコや人は苦手なのかな。



ユッケとだって

ずっとケンカしてるわけじゃないんですよ。


++嗚呼、短足動物園++


こうやって

仲良く並んで、オヤツの順番待ちだって出来る。


ね、いい子でしょ?



とりあえず

「人間は怖くない、ちゃんと愛してくれる存在だ」ってことを

チャロにはいっぱいお勉強してもらいたいと思っています。



まだまだ、7日目。

これからだよね、チャロはん。


いつか、キミの全てを受け入れてくれる

本当のご家族に見つけてもらえますように…。




お・ま・け 4連発。


++嗚呼、短足動物園++


最近、♂さんとパピコさんが妙に仲良し。


「こんな優等生はおらん」って、今頃やっと気付いたらしい。


…隣に居る問題児君のおかげで。(笑)


++嗚呼、短足動物園++


キミは本当に、なんて素晴らしくいい子なんだー!


++嗚呼、短足動物園++


パピコさんと、チャロはん。

ダブルでとろけるの図。


チャロ、本当は人間のことが大好きです。

甘えたくて仕方がないんだよね。



一方、その頃…


++嗚呼、短足動物園++


自称・教育係は

やはり「他犬のベッド」で寛いでいた。


ちなみにこのベッドに

チャロが寝たことは…まだない^^;




長々と最後までお付き合い下さった皆さま

本当にありがとうございました。


明日から3日まで、♂さんもお休みなので

コメントやメールのお返事も滞り

皆さまのブログへもペタ・ポチ逃げが続くかと思われます。


本当に申し訳ございません…。



ですが、記事だけは

なんとか簡単ながらも更新を続けたいと考えておりますので

どうぞ、お時間のある時は遊びにいらして下さいね!!



ちなみに…

明日は、スペシャルDAY…なのです、フフフ。



預かりワンコパピコさんは

現在、素敵な里親さまを募集中です。


パピコさんの詳しいプロフィールは ⇒ こちら (過去記事)


そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


がぶし!と噛まれた傷は、痛むけれど

きっと、噛んだ方のチャロはんだって心を痛めているはず…

毎日がお勉強な、チャロはんとお世話係たちに「エール」のクリックと

レフェリーパピコさん・自称教育係ユッケどんにも

是非、応援のクリックを宜しくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加