いきなりなんですが


昨日は

ユッケ選手を連れて、病院へ行って参りました。



金曜日の夜

飼い主♂がいつものようにユッケ選手を撫で回している際


ユッケ選手の尻尾(のあと)の先っちょ部分に

小さな「おでき」のようなものが出来ているのを発見したんですよね…。


++嗚呼、短足動物園++


患部の写真は撮ってないんだけど


その6ミリ大のおでき


触っても痛がるような様子はないし

ぱっと見た感じでは、脂肪の塊のような…。



病院では細胞をとって簡単な検査をしていただきました。


「年齢のことを考えても、腫瘍のような悪いものではないはず。」


と、いうお医者様の言葉のとおり

患部の細胞からは、なんにも悪いものは出て来ず。



検査結果が100%とはもちろん言い切れないけれど


「上皮細胞」と同じ成分しか発見されなかったので


…ただ、皮膚が分厚くなって

「いぼ」のような状態になってるだけ…だ、そうです。


(ワンコには比較的よくあることらしい)


「脂肪細胞」も出て来なかったので

私が思っていたような「脂肪の塊」とも違うそうな。



ついでに


最近お口の中に出来た

黒いほくろのことについても聞いてみたのですが


これもやはり

「メラノーマ」などの悪い病気の場合は


急激に大きくなったり

最初から盛り上がっていることがほとんどなので


「色素」と考えて良いというお言葉でした。



とりあえず


お尻のおできも、お口のホクロも

急激に大きくなったりしない限りは様子を見ているだけで大丈夫らしい。



…よかった。




でもね

この「細胞診」で、おできの中身を採取してる時


よっぽど痛かったらしくて


ユッケ選手

今まで聞いたこともないような声で悲鳴を上げてたんですよ…^^;



ごめんね。

でも、検査でなんでもないってわかったら安心できるでしょ?





家に帰ってからもずっとテンション低かったので


飼い主♂と♀は

一生懸命、ユッケ選手のご機嫌をとろうと「お庭遊び」に誘ってみたのですが…


++嗚呼、短足動物園++


警戒して、なかなか玄関から下りてきません。



検査の時

泣いちゃうくらい痛かったのよね。


++嗚呼、短足動物園++

(顔が引きつってますけどね)


でも、そのうちにまた


++嗚呼、短足動物園++


元気に走り回れるようにもなって


++嗚呼、短足動物園++


いつものユッケ選手に戻りましたとさ。



しかし

お医者様も「よく発見できましたね。」というレベルの小さなおでき。


今回は幸いに「悪いもの」ではなかったけれど


飼い主♂

本当によく見つけたと思います。


いつもユッケ選手の全身を

ヘンタイちっくにナデくり回してる甲斐もあったというものね。





ちなみに

体重は13.4kgになってました。 (←ピーク時は14kgオーバー)



お医者様曰く


欲を言えば、もうちょっとお肉を落としてもいいくらいだけれど


今でも決して太りすぎているわけではないし

このままの状態で困るということはない。


だそうです^^;



ダイエットは順調ですね、と褒めて頂きましたが

(獣医師的な)理想体型への道のりはなかなか厳しい。(笑)





    「にほんブログ村」 ランキングに参加中~。

        いつも応援ありがとうございます。

 下のバナーを押して下さったら、毎日更新頑張れそうなの。

    (1日1回、お好きなバナーをクリックよろしくです)


++嗚呼、短足動物園++ ++嗚呼、短足動物園++ ++嗚呼、短足動物園++


悲鳴を上げながらも

痛い検査を頑張った「お尻おできイヌ」ユッケ選手に

お疲れ様~の、お見舞いクリックをお願い致します。


今日は「も?」

長々と最後まで読んでいただきありがとうございました。