どんどん、時差が広がっておりますが

気にせず、GWの記事をお送り致します。



と、いうわけで前回からの続きですよ~。



++嗚呼、短足動物園++


念願叶って

高知県の桂浜へ来る事が出来た、たんそく一家。



せっかくなので

この美しい海と砂浜に包まれながら


時間を忘れてまったりのんびり。

旅の疲れも癒されますね。



いや、私は運転してないし

助手席に座ってただけなんだけどさ。




と、ここでおもむろに

オヤツを取り出して、ユッケどんと遊び始める私。


右手、左手どちらかにオヤツを入れて

「どっちに入ってるんでしょうか」と、ユッケに探させるゲームですよ。



そのご様子を、動画で。


※音が出ます、再生時にはどうぞご注意を※




ユッケどん、まさかの2連続失敗。(笑)




アナタ、本当にワンコですか?


「鼻」はどこへ置いてきた?

さてはそれ、ただの黒トリュフだな。



背中の「犬」という文字が泣いてるぜっ。



++嗚呼、短足動物園++


姿はワンコに見えるんだけどね。




さて

そろそろ陽も傾き始めたので、バス乗り場へ戻りましょうか。++嗚呼、短足動物園++

(ムリなのはわかってます)



桂浜には

こんな場所(闘犬センター)もあるのですが



++嗚呼、短足動物園++

(闘犬のオブジェにマジビビリする、イヌらしき生物)


今回は

記念撮影だけして帰りました。




またまた帰りのシャトルバスに揺られ


飼い主ふたりと

ゴミ袋犬(←もちろん、帰りもゴミ袋INですから)が到着したのは


++嗚呼、短足動物園++

ウチの車を停めていた、高知競馬場。

高知競馬といえば、ハルウララですよね。


(いつか、地方競馬も見に行ってみたいなぁ)




さて


再び愛車を走らせて

こんどはベタに「ひろめ市場」 へ、ゴー。


++嗚呼、短足動物園++


♂さんがどうしても食べたいと言い張っていた「カツオの塩たたき」と

あとは、テイクアウトの「サバ寿司」などを購入し


いよいよ、高知県ともお別れです。




と、ここで運命の分かれ道。(笑)


高知県から

高速に乗ってぴゅーっとそのまま帰るか

それとも、頑張って愛媛経由で帰るか…



悩んだ末


せっかくだし四国四県全部廻ろうぜ!

って、♂さんも言ってくれたので


まったくのプラン外でしたが

愛媛県経由で帰ることに決定。




とりあえず

道後温泉の駅前足湯は23時まで開放されているらしいので


目指せ、松山!


っつーわけでまたまた下道で走ること、数時間。


++嗚呼、短足動物園++


なんとか

ほんの十分程度でしたが、足湯に入ることは出来ました。(笑)


(競争率が高いので、あまり長居するのも気が引けるんですよ)



あ、ユッケどんが車でお留守番なので、残念ながら足湯のみ。

温泉でしっぽり、というわけにはいきませんでしたがね。



しかし

足湯で疲れを癒してもらったのはいいのですが


既に時刻は23時前…。



次の日もお休みではあるんですけど

さすがにそろそろ帰らないといけません。




とりあえず松山から高速に乗って…



石鎚山SAで

これからも続くロングドライブの為に、ちょっぴりだけ眠をとりましょ。


こちらには小さいけれどドッグランもありましたよ。


++嗚呼、短足動物園++


まぁ、さすがに人犬共に

深夜に走り回る気力も体力も残っていなかったので


こちらではおトイレだけお世話になりました。




その後


♂さんが頑張ってくれたおかげで

翌朝5時30分頃に、無事おうちに戻ることができた、たんそく一家。


(総走行距離は、なんと1000km弱)



もう最終日の5日は

死んだように眠り続けてました、とさ。



日帰りだったというのに

やたらと長くなってしまった旅行記に


最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。



これにて

やっとこさ終了でございます。




    「にほんブログ村」 ランキングに参加中~。

         いつも応援ありがとうございます。

下のバナーを押して下さったら、順位も上がって喜びます。

     1日1回、クリックよろしくお願い致します。


       別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

           お手数ですが少々お待ち下さいね。


++嗚呼、短足動物園++ ++嗚呼、短足動物園++ ++嗚呼、短足動物園++


残念ながら、「お鼻」がまったくのポンコツである事が露呈してしまった

一応これでもイヌのはしくれ、ユッケどんに

「ドンマイ!」と「イヌとしてそれでいいのか?」の叱咤激励クリックと

ほぼ24時間、運転しっぱなしで頑張ってくれた飼い主♂さんに

「お疲れさま」の労いクリックをお願い申し上げます。