我が家での4代目となる

預かりワンコのチャロぼんがやって来てから


はやいもので、もう1ヶ月以上が経過しました。



お預かり当初は、やはりいろいろと問題も多くて

こりゃ長期戦になるかも…と覚悟もしたのですが


この1ヶ月のあいだで

チャロぼん、嬉しいことにだいぶ落ち着いて来てくれましたよ。



なので、改めて…


このあたりでいっちょ

チャロぼんのアピール記事をお送りしたいと思います。


++嗚呼、短足動物園++


チャロ(仮)


トイプードル(♂)

推定3歳程度


昨年の12月15日、迷子として届けられましたが


飼い主さんからの連絡はなく、期限が切れた為

「Dog's Smile」 さん に保護されました。



フィラリア(-)

8種混合ワクチン接種済

去勢手術済


体重は4.8kg(痩せています)


トイプードルとしてはかなり体高があり(約40センチ)

手足も長いので、すごく優雅な印象を受けます。


++嗚呼、短足動物園++


吠えは、正直ありますが

無駄吠え、というほどのものでもなく。



当初、クレートに入れると

ひたすら吠え続けたりもしていたのですが


ウチ、田舎の一軒家なので

こちらも気にせずに大々的にムシし続けていると


遅くても30分程度経つと、疲れるようで…静まります。(笑)



今では、おトイレに行きたいときやゴハンが欲しい時

お散歩の順番待ちの時などに激しく吠えるので


「要求吠え」の要素がかなり大きい気がします。


集合住宅にお住まいの方は

ちょっと、ご近所迷惑が気になるかもですね…。



ですが、チャロ自身が満足すると

言われなくても率先してクレートに入って

大人しく待機することが出来るようになって来ました。


先ほどもお話したように

延々吠え続けているわけでもなく


お留守番の時もクレート内で静かに待っていられますヨ。



室内フリーにしている時や

お出掛け、お散歩の時などはほっとんど吠えることはありません。




保護当初はかなり問題行動も多く


マウンティング・マーキング

叱られる気配を察知して逆ギレ(唸る)

ハウスさせると吠え続ける

パニック状態になると、噛もうとしてくるなどなど


本当に、いろいろとやってくれましたが



この1ヶ月の間でだいぶ落ち着き


マウンティングと

叱られても、唸ったりするようなことは


もう、ほぼなくなりました。



今では、叱られると

自分から率先してクレートに「ハウス」したりもします。(笑)


「叱られる」ということの意味を

だいぶ理解してくれているのでしょうね。


学習能力の高さに、お世話係…舌を巻きます。



ふとした瞬間に

「パニック状態(発狂)」になることはまだまだあるのですが


こちらは、しっかりと目を見ながら「オスワリ」と命じると

(オヤツなどを持っていると、より効果的)

ちゃんと、落ち着いてくれるのですよ。



お世話係♂♀共に

当初、慣れないうちは何度か噛まれてしまったのですが



とりあえず


自分が誰かに向かって何かアピールをしている時などに

横から第三者に介入されたりすると


それが誰であろうと、許せない傾向があるようです。



まず、チャロが私にマウンティングをしている時

それを制止しようとした♂さんの手をガブリ。



なので

とりあえずその後


チャロと1対1で向き合って叱っている時などは

もう一方の人間は、空気になることを心がけていたのですが


ゴハンの支度をしている時に飛び跳ねて付きまとってきた

チャロを私が注意しているところ


たまたま、横を通りがかっただけの♂さんが足を噛まれました^^;



そして、最後にもうひとつ…。


ウチのユッケとガウガウバトルが始まってしまったので

私がとりあえず、ユッケを抱えて宥めようとしたところ

それを見て発狂してしまったようで、私の肩をガブリ。



どのケースも

預かって1週間も経たないあいだの出来事です。



ですが、今はだいぶこちらもパターンがわかってきたので


うまく気を逸らしながら

チャロを落ち着かせることが出来るようになって参りました^^



おかげさまで

それ以来、噛まれていません!!



あと

来客時などには嬉しくて興奮してしまうので、要注意です。


外れたマナーバンドを私が付け替えようとしたり

他の子がハウスを命じられたりするのを見て


「邪魔される!」と焦るのか、ギャウギャウ言うこともあります^^;


(まぁ、すぐに落ち着くのですがね)



基本的に「敵意」や「害意」などは見られません。

人のことは、本当に大好きなようですし…。



パニック状態になって

どうしたらいいのか自分でもわからなくなって


それで、ついお口が出てしまうといったような感じで


噛みたくて噛んでいるわけじゃない

っていうのが痛いほど伝わってきます。


だから本当に

いきなり噛まれる、とかそういったことはないんですよ。



パニックになる前に、必ずサインがあります。


そして、そこでしっかりと向き合ってやると

必ず落ち着きを取り戻してくれます。


一生懸命、チャロも考えてくれます。



あ、

もしも、それでもパニックになってしまった場合は


まず、とりあえずそこらへんにあるものに八つ当たりするようで

ウチではよく、座椅子やクッションが被害に遭ってます^^;



そういう場合についこちらが動いてしまったりすると

♂さんのように、運悪くガブリとやられるのかもしれませんね。



どうやら、元々「訓練」は入っていたようで

保護当初より、「オスワリ」と「お手」は出来ていました。


ウチで「フセ」も教えてみたのですが

ほんの一瞬でマスターしてしまうほど、賢い子です。


アイコンタクトもバッチリ。



++嗚呼、短足動物園++


体のどこを触られても怒りません。

シャンプー・ドライヤーなども大人しくさせてくれます。



あ、でも歯磨きは

シートなどを使うと噛み付こうとしますので(指は噛まない)


ハブラシで再チャレンジしてみたところ、それは大丈夫でした。



そして

「モノ」に対しての執着がかなりあるようで…。

++嗚呼、短足動物園++


ボール遊びなどをすると

嬉しそうに取りに走るのですが、持っては来ません。(笑)


それを無理に取り上げようとすると、唸ります^^;

他の犬が近づくと、もれなくバトルになります^^;;;


現在は「ちょうだい」でボールを渡してもらえるように練習中。



そして、逆に他の犬が遊んでいるおもちゃを

ムリヤリ奪いに行くようなことはしないのですが


やはり、チャロの意識が「何か」に向かっている時

それが「人」であっても「犬」であっても、ニアミスをするような場合は


細心の注意を払う必要があると思われます。



おトイレはまだまだ練習中。


クレートの中では基本的にいつも我慢しているようで


行きたくなったら、吠えてお知らせしてくれるので

その際、お庭に出してあげております。


お散歩が朝夕の2回・お庭での排泄がさらに2回程度かな。



部屋の中のトイレシートに連れて行くと

どうしても足を上げてしてしまうので、こちらも練習中。


お外では座ってのおちっこも、だいぶ出来るようになってきました。


++嗚呼、短足動物園++

基本的に、他の犬に対して攻撃性などはなく

共存も、可能といえばもちろん可能なのですが


++嗚呼、短足動物園++


女子ワンコには、少々しつこくつきまとったり


自分に「指導」をしてくるような男子ワンコとは

ガウガウと激しいバトルをしてしまうことがあります。



攻撃性は無いといっても

歯が当たって怪我をして(させて)しまう危険性だってゼロではないわけで


なので、多頭飼いについては

かなり慎重に考えていただく必要があると思われます。




先日は

ウチの甥っ子(小3)と初めてのご対面を果たしました。


お正月に彼らが来たときは

さすがにちょっと怖くて、まだ会わせてあげられなかったんですけどね。


++嗚呼、短足動物園++

(お庭で甥っ子とボール遊び中)


子供とのボール遊びも、先ほどに述べたように


チャロが夢中になっている時に手を出しさえしなければ

そして、大人がしっかりと監視をしてあげていさえすれば


少しの時間、遊ぶ程度ならば大丈夫です^^



チャロ自身も、子供のことは好きなようですが


やはり、小さなお子様の居られるご家庭などでの生活は

かなり、厳しいものがあるのではないか…というのが正直なところかなぁ。




人間のことが、本当は大好き。

なでてもらうことが、物凄く幸せ。


必死ですがりつくように甘える姿と

パニックになっている時とのギャップが、なんだか切なくなる。



彼の過去については、わかりませんが

大好きだった飼い主に、酷く叱られ…


挙句、棄てられたのかも。


(保護当初、毛玉だらけのボロボロレゲエ状態でした^^;)



お世話係が大きいものや長いものなどを持つと

突如として唸り始めるようなことも、たまにあります。


あくまでも推測でしかないけれど

そういったもので、何らかの記憶がフラッシュバックしたのかも。



ですが、本当にこの1ヶ月で

たくさんのことを吸収し、学習し


チャロは、どんどんお利口さんになってくれています。


++嗚呼、短足動物園++


まだまだ、お勉強の日々は続くと思われますが


そんなチャロとガッツリ向き合って下さる

本当のご家族を、募集しております。


辛い過去はさっぱり忘れて、幸せになろうね。




我が家の預かりワンコ

そして他にもたくさんの保護犬たちが里親さまを待っております。


お問い合わせ等につきましては


 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


         別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

             お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


預かりワンコのパピコさん&チャロぼんが

素敵な里親さまに見つけていただけるように

ランキングアップを頑張りたいと思いますので

どうか皆さま、応援のほど宜しくお願い致します。


本日はこの後にもまた通常記事を更新したいなぁ、と考え中です。

よろしければまた覗きにいらして下さいね!