つい先日…


「pH試験紙」で珊瑚ちゃんのおちっこをチェックし


おかげさまで、最近はとっても調子がいいです~


なんて記事をアップしたばかりだったのですが


(たくさんの方からお問い合わせいただきました

 あの「試験紙」は、楽天でポチったものです~^^)



実は、珊瑚ちゃん


一昨日(6/13)の朝イチのおちっこに

キラキラ(結晶)が混じっているのが、目視出来ちゃいまして


そして、その日のお昼にはうっすらと血尿が。



保護主である

「Dog's Smile」 *chico*さんに、早速相談をし


当日、水曜日が休診日だったこともあって


翌日、木曜日に「強力サポーター」 あやひみさんのご協力のもと


朝のおちっこを採取して

珊瑚ちゃんを連れて診察に行って参りました…。



5/16に、膀胱炎症状 → 翌17日に「ストルバイト」判定


1週間後の6/3に、再診 → 溶解確認  



という経過を経て


一応、現段階では「様子見」


また一ヶ月後(7月上旬頃)に

尿検査をしてみましょう、とのことだったのですが



結局

あれから10日後にして


ストルバイト…再発、となってしまいました。(涙)



翌朝には血尿も治まり

目視ではもうキラキラも確認出来なかったので


一縷の望みは、抱いていたんですけどね…



お医者さまに顕微鏡で見せていただいた

珊瑚ちゃんのおちっこの中の「結晶」は


それはそれは、綺麗なものでした。

ええ、憎らしいほどに^^;



実はあの「順調」記事は

数日前に下書きを済ませておいたものでしてね。



本当に

2~3日前まではバッチリ調子が良かったので


「あぁ、やっぱりフードの切り替えが要因だったのかも」

なんて、思ってたんですよ…。



もちろん、いまの様子見段階では

「フード(ラム&ライス)」と「お水」だけの生活


お水は大量に飲んでもらって

おちっこも溜めることなく出してもらうようにしていたので



こうなると、もう

「体質でしょう」としか言い様がなくなってしまいました…。



もし

その切り替えたフードが要因だったのだとしたら


それ(あと、お野菜類やミネラルウォーター等も)を

避けていけばいいというお話なので


珊瑚ちゃんの食生活に於いても

そこまで制限を強いる必要はなかったはずなのですけれども



もしも本当に

「尿がアルカリ性に傾きやすい体質」なのだとすると


やはり本来あるべき「酸性の尿」に向けて

こちらできちんとコントロールしてあげなくてはなりません。


(結晶は、尿がアルカリ性に傾くと出来る)



すなわち、今後

珊瑚ちゃんのお食餌は当分「療法食」オンリーになります。



再び出来てしまった

「結晶」が、溶解してしまうまでのあいだは


++嗚呼、短足動物園++
(珊瑚ちゃんへの早速のご支援、ありがとうございました)



前回と同様に


↑「ストルバイト結石溶解用の

「ヒルズs/d缶」 を 1日に3缶ずつ


抗生剤&止血剤も併せて、1週間。


(今回、症状はまだ軽かったので注射はナシ)



そして

結石が溶解した後は…


++嗚呼、短足動物園++

(ご支援、本当にありがとうございます)


ロイヤルカナンの

「pHコントロール」というドライフード(これも療法食)に切り替え


尿中pHが

「酸性~弱酸性」をキープ出来る様にサポート。



そして

定期的(1ヶ月に1度)な尿検査をしていくことになりました。



念には念を入れて

「おやつ」などの類は、禁止となります…。



これからは「療法食」と「お水」だけの生活…。



現実的なお話


体重が32キロある珊瑚ちゃんの場合は


↑の「8キロ入り療法食(ドライ)」の袋が

たったの、本当にたったの20日であっという間に無くなります^^;



缶詰の方だって、そう。

1週間で、21缶も消費することになるのですがね。



「療法食」って、本当に高価なものなんですよ…。



ただでさえ、ここのところ


シニア世代・フィラリア(+)・疾患アリな子たちを

たくさん抱えている


保護主「Dog's Smile」さんに

さらなる(保護費)がのし掛かることになってしまうので


ちょっとこれは、アタマの痛いところ…^^;



まぁ、ですが…


何より幸いなことに

珊瑚ちゃん自身はと~っても元気なわけで。



診察終了後


報告と、療法食をいただく為に
「Dog's Smile」総本山へ寄った際にも


++嗚呼、短足動物園++


りちゃセンセと激しくプロレスを繰り広げ

(他のワンコたちは、避難中^^;)



++嗚呼、短足動物園++


同じく保護犬

ワイヤーフォックステリアのケイトちゃん(♀)に


マウンティングされても、どこ吹く風。



珊瑚ちゃんがいたくご執心だったおもちゃ。



++嗚呼、短足動物園++


普段、これで遊んでいるのであろう

ティンク(保護犬)ちゃんに



++嗚呼、短足動物園++


かなり遠慮させてしまう始末^^;


ティンクちゃん、ムリに奪い返すようなこてとはせず

珊瑚が離れた一瞬の隙にやっと取り返していました。

貸してくれてありがとね


(珊瑚ちゃん、♂さんに頼んで買ってもらおう…笑)


そんでもって


カーペットに

じゃーじゃーとお漏らしすること、数回。 ← すみませんっ!!



いや

珊瑚ちゃんの名誉の為に一応言わせていただきますが


彼女自身は

しっかり、トイレシーツの上で用を足しているつもりなんです。



ただ、カラダの大きさが

自分の思うところを遥かに超えちゃってるので


アタマや上半身はシーツ範囲内でも

肝心の下半身が、的を外れてしまっていたってだけで^^;




++嗚呼、短足動物園++



以前、珊瑚ちゃんにひと目惚れをしてくれていたはずの

LRのアレックスくんも、さすがにどん引き^^;



どうやら、避妊手術直後で

ちょっぴり大人しかった頃の珊瑚ちゃんに対しての


「幻の恋」だったようです。(笑)




++嗚呼、短足動物園++

(帰宅後)



そりゃそうでしょう。


あんだけ自由気まま

やりたい放題に過ごさせてもらったらさ^^;



と、まぁ


先月末の発症時に比べたら

症状もあまりひっ迫した感じではないし


ホント、何よりとっても元気なので

そこのところは、本当に有難いです。



「ストルバイト体質」は…正直、残念でした。



せっかく

過酷な環境から抜け出すことが出来た珊瑚ちゃん。


新たな「犬生」

「さぁ、これから」っていう大事な時だから、余計に…です。



ただ、ストルバイトとのお付き合いは

いろいろと制限しなくちゃいけないことは多くなるけれど


きちんと管理さえしてあげていれば

重篤な症例、というわけではありませんものね。



いつか、珊瑚ちゃんに素敵なご縁が繋がって


このたんそく家を旅立って行く、その瞬間までは


お世話係も

出来る限りのサポートを頑張るからね。


珊瑚ちゃん、一緒に頑張ろうぜ。



あっ、ちなみに


この日の愛犬・ユッケどんは


++嗚呼、短足動物園++


朝から長時間のお留守番を

頑張ってくれました^^;



ユッケもお疲れさま。

ありがとね。




預かりっ子・珊瑚ちゃんをはじめ

たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


招かれざる、にっくきキラキラ「ストルバイト」と

再び闘うこととなってしまった、預かりワンコの珊瑚ちゃんに

「しっかり食べて、頑張ってね!」と応援のクリックを

そして、長時間のお留守番を頑張ってくれたユッケどんにも

ついでに「お疲れさん!」と、労いのクリックをお恵み下さいませ。