先週…

「梅雨はどこへ行った?」っていうくらいの快晴の日に


++嗚呼、短足動物園++


楽しくお庭を駆け回る

ユッケどんと、珊瑚ちゃん。



えぇ、本当はね

もう1頭いるはずなんですよ。


っていうか、直前までは居たんです。



彼女にだけは念入りにロングリードを装着して

磐石の布陣で挑んだ、お庭あそびデビュー。


の、はずだったのですが…



++嗚呼、短足動物園++

(ななこりんのヨダレで、全身がびがびです^^;)



ユッケどんを相手に

大立ち回りを演じてしまいましてね…。



++嗚呼、短足動物園++


3ワンの写真を撮るヒマもなく


ロングリードは、早々に仕舞われ

珊瑚ちゃんのお腹の下であっためられてる状態^^;



肝心の彼女は、というとですねぇ…


++嗚呼、短足動物園++


居ました、ここに^^;



預かりワンコ2号・ななこりん


昨日の記事では

みんなで仲良く遊んでいる姿を披露したところなのですが


実は、他の子に対して

上に立とうとするような面が、時々見られます。



お世話係が2人とも揃っている時には

比較的落ち着いているんだけど


1人しか居ない時なんかだと

ちょっとそういう傾向が余計に強くなってしまうようで。



そこで


ユッケどんがそんな態度を許さず

もちろん、指導係として怒るわけなのですが…


(単なるヤキモチとも言ふ…)



これまでの預かりっ子たちと違って


ななこりんの場合、逆ギレするんですよ^^;

(人には歯向かいません)



しかも

一旦、スイッチが入ってしまうとかなりしつこい。



2度、3度くらいのことなら

お世話係としても、多少は目を瞑ります。


ワンコ同士

まぁ、そりゃいろいろあるでしょう。



ユッケも、必要以上にワンワン言う傾向があるしね。



でも、あまりに何度も


執拗にユッケを追って

吹っかけようとしたところで


「ゴルァ、えぇ加減にせぇ~~~~っ!!!」と


とうとう

お世話係に取り押さえられ


室内のクレートへと強制送還されたわけで。



あ、でも

激しいケンカとかじゃないんですよ。


お互いのヨダレで

首筋や背中一帯ががびがびになっちゃうけれど


怪我などはありません。



私も普通に

間に手を突っ込んで止められますしね。


(オススメ出来る様な対処法ではありませんが^^;)



ただ、ちょっと…

他の犬より上に立ちたい傾向が強いのかなぁ。



ななこりんね


珊瑚ちゃんに対しても

何度か、ユッケに対してやったのと同じように


肩口に手を掛けて

押さえ込もうとしていたことがあったのですが


珊瑚ちゃんが「真顔」になった瞬間を見て

こりゃヤバいと思ったのか、どうなのか…


その時はそのまま退散していきましたっけ。(笑)



++嗚呼、短足動物園++

(優しいけれど、実は強い珊瑚ちゃんなのであります)



相手(の戦闘力)を見てるのかも^^;


(ユッケ…激ヨワだもんなぁ)



珊瑚ちゃんとは

まったくガウガウ言い合うようなことはないです。



でもホントに


他犬との折り合いが悪いとか

ななこりんがすっごく凶暴な犬だ、とか


そういうことでは、決してないのですヨ。


「ケンカ」を吹っかけているのとは、訳が違いますから。



陽気で、明るくて、人が大好き。

素直でアタマのいい可愛い子です。



先日のドライブの最中でも


狭いセカンドシートで

ケンカもせずにユッケとふたり並んでましたし


お散歩の時だって

ちゃんと並んで歩くことが出来る。


おもちゃを奪ったりすることもなく

みんなでディスクを追い掛けて走って遊べるんです。



普段の生活ぶりには

なんにも問題はありません。



ただ、時々


人の存在が絡んで来た時なんかに


相手のワンコの態度次第で

他犬に対して強く出ようとする瞬間があるんだよなぁ。



なので


もしかしたら、先住犬さんの性格によっては

ケンカに発展してしまう可能性もあるかも知れない。



犬同士のことは

犬同士で解決してもらおう


と、いうのが私個人の考えだけど



ななこりん


時々、こんなふうにひとりだけ

「反省部屋」に強制送還されちゃうことを通して


いいこと、わるいこと


++嗚呼、短足動物園++


いろんなことを省みながら

これも成長へと繋げていって欲しいな、と。



他の子を蹴落とそうとしたりしなくても


もう二度と居場所は無くならないし

人間は、ちゃんとアナタのことを愛してくれるから。



だから、これからも


褒められたり、反省したりもしながら

一緒にお勉強を頑張っていこうね。


++嗚呼、短足動物園++


ななこりん収監中

珊瑚ちゃん、何か思うところがあるのか


ずっとこんな風に傍に寄り添っていたんですよ。



なんか

パピコ(現・キラナちゃん)とチャロが居た頃を、思い出すなぁ…。



普段から

このクレートが居住スペースとなっている、ななこりん。


お世話係の「ハウス」の声に従って

普段はちゃんとここで待機することが出来るんです。



だけど、時々ここが

「反省部屋」にも変わっちゃうわけで…



もちろん

落ち着いたら出してあげるのだけれど


やっぱりまだどうしても興奮しちゃって

逆戻りさせられることが多い、今はそんな状況。



その窓から見える景色はどう?


ユッケも珊瑚ちゃんも、楽しそうに過ごしてるでしょう?


ななこも自然に

この光景に溶け込めるように、きっとなるはずだからさ。


だから

そんなに必死に張り合わなくてもいいんだよ。



とてもアタマのいい素直な子なので

きっと、わかってくれるだろう…と信じて見守ります。



ユッケにいちゃんも

ヨワっちぃにいちゃんなりに


頑張っていますよ。



「やられたらやり返せ」とか

そういうことじゃなくてね。


キミにもいろんな経験を通して


頑張り過ぎないでいいから

余裕のある、強いオトコになって欲しいんだ。



++嗚呼、短足動物園++


先ほどにもお話したように


ユッケも「指導(のつもり)」が、ただの文句になって

しつこくワンワン言ってしまうようなところがあるので


そこにもかなりの原因があります^^;



もちろん、ユッケが

反省部屋(自分のサークル)に入れられちゃうケースもありますよ。

新しい預かりっ子が来ると

ちょっと頑張り過ぎて、空回りしちゃうんですよね。



だけど、これも最初だけの話で

慣れと共に落ち着いていくはずなのです。


そうなると、ななこりんも一緒に落ち着いてくれるかな。



ユッケもななこも


お互いがお互いに

ホントのところはすごく興味がある様子なんですよ^^

まだ、どうしても相手の出方がよくわからず

少し、興奮状態ともいえる環境なので


ザンネンなこととにちょくちょく「反省部屋」行きがあるわけです。



預かりワンコ・ななこにも

そして、もちろん愛犬・ユッケにも


双方に負担やストレスが掛かってしまっていては、本末転倒。


飼い主、兼、お世話係は

しっかりとワンコたちのフォローに努めたいと思います。



叱る時には、ビシっと叱り

褒める時には、とことん褒める。


毎日が、そんなことの繰り返しです。



こういう日々の積み重ねによって

ワンコたちも、それぞれの関係を築いていくことになると思います。



皆さま


これからの

ユッケとななこりんのさらなる成長を


どうか、あたたかく見守ってあげて下さいね^^



ななこりんの避妊手術に

応援下さった皆様、有難うございました。


本日、我が家に戻ってくる予定です


そのお話は、また後日…^^



※当初アップした記事と

  内容は変わっていませんが

  かなり加筆修正をしております。

 

☆7/15 AM7:00 少し追記☆


「コーギーの女の子だし当然でしょ、ベテランの預かりが何言ってるの?」

そういうご意見を頂戴しました。


短い文面だったので、もしかしたら読み違えているかもですが

「他犬に対して優位に立とうとする」だとか

「気が強い」とか、そういった部分について

「当たり前」だと仰りたかったのかな、と解釈。


取り急ぎ、コメント欄でもレスをさせていただいたのですが

そこにちょっと補足。



きっと、そのご意見を下さった方は

コーギーのオーナー、若しくは元オーナー

または、コーギーが大好きで特性もよくご存知なのでしょうね。



えーっと

例えば「何かひとつの出来事」についてお話する場合でも


「愛犬家」としての視点

「コーギーオーナー」からの視点

「預かり家族」としての視点


それぞれの立場から

んでもって、お伝えすべきお相手によっても

「おなじ出来事」でも、伝え方って変わってくると思うのですよ。



今後、ななこの里親として希望して下さる方に

ご縁を感じていただくきっかけとなり、判断基準(?)となるのが

預かり家での生活ぶりだったり、預かりから見た彼女のキャラだったり

そういう「日常」をお伝えしている「預かり日記」

(ブログをやっていない預かりさんから保護主さんへのメールだったりね)


そんな「預かりブログ」「報告メール」の中で見せる

保護犬たちの長所・短所・性格や、人や他犬たちとの生活ぶりなどから

希望者さまは、ウチに迎えるとしたらどうなるだろう…と

保護主さまは、この子にはどんなご家庭がぴったりだろう…という風に

考えていただく、ひとつの基準となるべきものなんですね。



たまたま、私はコギ飼いですから

ほんのちょっとだけ、コギについては知っているつもりです。(笑)


が…

「コギ飼い」からすれば当たり前と思われるようなことでも

未来の里親さま、となり得る方が

現時点で、コーギーについてよくご存知であるとは限りません。


それに、ひとくちに「コーギー」と言っても

皆さまご存知のように、やっぱりいろいろな性格の子がいるわけです。


「女子だから」「男子だから」

「コーギーだから」「コーギーだけど」

いろいろあると思います。深い世界です。



コーギー(ワンコ)を飼っていなくても

このブログにお越し下さっている方もたくさんいらっしゃいますが


「ウチのユッケ」を基準に

「コーギー」というイキモノの「キャラクター」を

総じて「ビビりのユルユル犬」という風に想像しておられる方も

もしかしたら、いらっしゃるかも知れませんよね。



「コーギー = 勇敢で物怖じしない」


元々が牧畜犬だったということもあって

コーギーの性格について、上記のように表現されているような

育犬書や、サイトなどもありますけれども


ね、まずウチのユッケには120%当てはまってないでしょ^^;


「活動的で、運動することが大好き」


これについては、当てはまっているけれども

私の知ってる、友人のコギさんたちの中には

お散歩が好きではなかったり

走るのもちょっと…てな子も居るわけですよ。


性別に限らず、のお話です。



コーギーの「基本的」な特性について

よくご理解を下さった方に迎えていただきたいと

私個人としては考えていますが

(実際に考え、ご縁を繋いで下さるのは「保護主」さまですよ)



「コーギー飼ってる(た)から、よく知ってるよ~!」という方だけでなく

「コーギーを飼うのが夢だった、今すごく勉強しています」とか

「○○ちゃんを迎えたくて、コーギーについて勉強を始めました」とか

きっと、その熱意や知識にもいろんなケースがあると思うのです。



でも、今後手を挙げていただく為にも

どんな方に迎えていただくことになるのだとしても


そして、何よりも

辛い思いをした子にもう二度と同じ経験をさせない為には


「ななこ」という「コーギー」のことを

具体的に知っていただく必要が絶対にあります。



1頭だけで向き合う場合と

多頭の中で向き合うことになる場合

その他、さまざまな環境の変化に伴って

そこにはいろいろな反応の違いなども出て来るわけです。



「愛犬家ブログ」であると同時に

「預かりブログ」である以上


私は「預かり」という立場で今回の記事をアップしました。



コーギーオーナーとして伝える内容

預かりとして伝える内容

「おなじ出来事」でも、やっぱりそこは少し視点が違ってきます。



経験則はもちろん必要です。

でもそれだけが全てじゃない。


コギ飼いとしての私個人の偏見や、固定概念、一般論だけで

一方的にお伝えするべきではない、と考えています。



「当たり前」だけど

「当たり前じゃない」こともある。

「思い込み」と「当たり前」とは、似ているようでまったく違います。



ある特定の犬種に限らず

滞在中は「ウチの子」として接して向き合っていても

やはり皆さまにお伝えしていくべき内容は

「ウチの子」ではなくて「いずれ旅立っていく預かりっ子」としてなのです。


次の未来へ繋げていく為に。



ごく普通の家庭犬として生まれ育った

ウチのユッケがやったことならば

普通に流してしまうような日常の些細な出来事などでも

「預かりっ子」にとっては、物凄い「発見」だったりするわけです。

いいことでも、逆にそれはどうなん?ってなことでも^^



保護犬たちってね、凄いんですよ。

昨日は出来なかったことでも、今日になって出来るようになったりね。


性格や犬種特性に拠る要因も、もちろんあるとは思うのですが

それだけで全てをひと括りにすることは、出来ませんよ。

「辛い過去」を持つ保護犬の場合には特に

環境や、人の接し方次第で変化を見せる部分って本当に多いんです。

でも、特別な魔法を使うわけではありません。

やっぱり、「普通」の日々の積み重ね。

叱られて、褒められて…遊んで、ゴハン食べて、安心してもらって。



特に今はまだ

ななこも、そしてユッケも環境の変化により少し興奮状態にあります。



保護犬たちの見せる小さなサインから

いろいろな理由や感情を汲んで

不安を取り除き、心の底から安心させてあげたい。


そういった不安を解消してあげることで

ふとした瞬間に、嬉しい変化を見せてくれることがあります。



もちろん、ユッケに対しても同じです。

彼に負担を掛けてしまっていては、本末転倒ですから。


でも、彼はきっと大丈夫です。

環境に慣れてしまえば、落ち着くことを私は知っていますから。



でもそこは、飼い主として、お世話係として

「大丈夫」だと過信するばかりではなくて

しっかりと慎重に見守っていかねばならないところであります。



ただどうしても

「これが正解」ってものがないから難しいのだと思います。


相手にも「心」がありますから

必ずしもこちらの思い通りにコトが進んでいくとも限りません。



なので、彼ら・彼女らに幸せなご縁を掴んでもらう為に

私たちは、あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら

今日も些細な日常のなかで「命」と大真面目に向き合っています。



「預かりブログ」である以上は

いろんな日常の「当たり前」をお伝えしていくことも

きっと、必要なのだと私は考えています。


思い込みの「当たり前」じゃなくてね。


そしたら

皆さまそれぞれの生活の中にも

少しは当てはめやすくなるかなぁ、ってね。


で、そこからいろんな立場で

どうしたらいいかを考えていける場でありたいと。



もちろん「1から100まで」

全てをお伝え出来ているわけでもないですし


「言葉」と「タイミング」を選んで発信するべきところもあるので

ブログの書き方も、試行錯誤の毎日です^^;




あー、なんか「少し追記」って言いながら

めっちゃ語ってしまった、恥ずかしい。


もしかしたらご意見下さった方と「論点」ズレてたりするのかな?


もし、そうならばまたご意見下さい。

またなが~いお返事をさせていただきますから。(笑)



尚、こういうご意見をいただいたことについて

「コーギーの女子だから気が強くて当たり前なんだ」


その部分ばかりを断片的に受け取られ

イメージがひとり歩きしてしまうようなことは本意ではありません。


ななこに限らずともです。

結果的に、犬とその飼い主さん等さまざまな相手を

傷つけてしまうことにもなり兼ねないのです。


そこのところはご理解下さいますよう、お願い申し上げます。



預かりっ子・珊瑚ちゃん&ななこちゃんをはじめ

たくさんの保護犬たちが素敵なご縁を待っております。


お問い合わせ等につきましては 「Dog's Smile」 さん

++嗚呼、短足動物園++ まで お願い致しますね。



          ランキングに参加しております。

    お手数ですが、下のバナーをおふたつクリックして

  応援いただけると励みになります、よろしくお願い致します。


        別ウインドウで ページが完全に開ききるまで

            お手数ですが少々お待ち下さいね。   
++嗚呼、短足動物園++
   ++嗚呼、短足動物園++

    (にほんブログ村)            (人気ブログランキング)


叱られたり、褒められたりしながら

毎日、皆で仲良く一緒にお勉強中

指導係のユッケにいちゃんと、預かりワンコのななこりんに

「頑張り過ぎないで、頑張ってね」と

あたたかい応援のクリックを宜しくお願い申し上げます^^